日本ハンドボール協会について

歴史

できごと
1948 4 「ハンドボール」の呼称復活
1950 4 全日本選手権、構想新たに復活
1952 5 国際ハンドボール連盟(IHF)に加盟承認
1953 8 全日本選手権、全日本総合選手権に改称
1954 12 初の全日本総合室内選手権開く
1957 4 女子の公式試合はすべて7人制に
1960 5 日本協会機関誌刊行
1961 3 男子、初の世界選手権(第4回,7人制)出場
1962 6 女子、初の世界選手権(第2回,7人制)出場、9ヶ国中9位
1963 4 すべての国内公式試合を「7人制」に
1964 3 男子、第5回世界選手権に出場
1965 11 女子、第3回世界選手権に出場、8ヶ国中7位
1966 4 47都道府県協会出揃う
1967 1 男子、第6回世界選手権に出場
1970 2 男子、第7回世界選手権に出場、16ヶ国中10位
1971 12 女子、第4回世界選手権に出場、9ヶ国9位
1972 8 男子、ミュンヘン・オリンピックに出場、16ヶ国中11位
1973 12 女子、第5回世界選手権に出場、12ヶ国中10位
1974 2 男子、第8回世界選手権に出場、16ヶ国中12位
1975 12 女子、第6回世界選手権に出場、12ヶ国中10位
1976 6 アジア連盟(AHF)に加盟
7 男女、揃ってモントリオール・オリンピックに出場 男子12ヶ国中9位、女子6ヶ国中5位。蔵田照美、モントリオール・オリンピック女子得点王に
9 日本リーグ発足
1977 3 初のアジア選手権、日本優勝
1978 1 男子、第9回世界選手権に出場、16ヶ国中12位
1980 5 男子、モスクワオリンピック出場を決めるが、JOCのオリンピック不参加決定で不参加
1981 3 日本ハンドボール協会、財団法人となる
5 日本協会主催の初の「ジャパンカップ」開く
1982 2 男子、第10回世界選手権に出場、16ヶ国中14位
11 アジア大会で正式種目となり、男子、2位
1984 8 男子、ロサンゼルス・オリンピックに出場、12ヶ国中10位
1986 12 女子、第9回世界選手権に出場、16ヶ国中14位
1988 9 男子、ソウル・オリンピックに出場、12ヶ国中11位
1990 2 男子、第12回世界選手権に出場、16ヶ国中15位
1991 8 アジア選手権、広島で開く
1994 10 アジア大会、広島で開く
1995 5 男子、第14回世界選手権に出場
12 女子、第12回世界選手権に出場
1996 8 連盟の垣根を越えた大会として、第1回ジャパンオープンハンドボールトーナメントが大阪で開催された。
12 第14回世界男子学生選手権で日本6位入賞(13ヶ国中)
1997 5 男子世界選手権、熊本で開催、日本は24ヶ国中15位
7 第11回世界女子ジュニア選手権で日本8位入賞(17ヶ国中)
11 女子、第13回世界選手権に出場、24ヶ国中17位
1998 8 第1回全日本ビーチハンドボール大会が千葉県富浦町で開催され、ハンドボール競技のバリエーションが広がることとなった。
ハンドボールの小学校教材への導入を目指し、第1回学校体育ハンドボール研究集会が開催された。
2000 4 将来世界で活躍できる日本代表プレーヤーを育成する目的で、ナショナルトレーニングシステム(NTS)が始められた。
2001 5 大阪市で、東アジア大会を開催。初めてハンドボールが競技種目として採用され、男子銅メダル、女子銀メダルであった。
8 第6回ワールドゲームズビーチハンドボール兼第1回ビーチハンドボール世界選手権大会が、秋田県本荘市で開催され、男子は5位、女子は4位であった。
2002 2 (社)全国高等専門学校体育協会ハンドボール専門部が、7番目の加盟全国連盟として認められた。
2003 1 障害者にもハンドボールの広がりを見せる、第1回車いすハンドボール大会が、兵庫県姫路市で開催された。
2004 4 日本・韓国・中国の3カ国で、日本リーグチャンピオンチームが参加する東アジアクラブ選手権(男女)の第1回が韓国にて開催された。
7 第1回のアジア女子ビーチハンドボールが、ビーチハンドボールのメッカ、千葉県富浦町で開催された。
2005 5 女子ナショナルチームに、外国人として初めての監督、ベルト・バウアー氏が就任。
  6

第1回アジアユース選手権(男U19、女U18)が開催され、女子は2位となり、世界選手権に出場。翌年第1回ユース女子世界選手権では7位に入賞した。

2006 3 全国中学、JOCカップに続いて、3番目の中学生の大会、春の全国中学生大会の第1回目が、富山県氷見市で開催された。
2008 1 中東の笛問題に端を発し、北京オリンピックアジア予選再試合が東京代々木で行われ、日本中から大きな注目を浴びた。
2009 10 日本ハンドボール協会ジュニアアカデミーが設置され、ナショナルトレーニングシステムで発掘された選手のエリート教育が始められた。
2013 2 日本ハンドボール協会創立75周年記念祝賀会を品川プリンスホテルにて開催
「日本ハンドボール協会創立75周年記念誌」発刊
4 日本ハンドボール協会、公益財団法人となる
9 2020年オリンピック・パラリンピック夏季大会開催地東京に決定
10 2019年女子世界選手権日本(熊本)開催が決定
11 女子日本代表愛称「おりひめジャパン」に決定
2015 12 全日本総合選手権が日本選手権となり真のトーナメントチャンピオン決定戦となる。