日本ハンドボール協会について

コンプライアンス宣言




コンプライアンス宣言
 公益財団法人日本ハンドボール協会は、日本におけるハンドボール競技界を統轄し、代表する団体として、ハンドボール競技の普及及び進行を図り、もって児童・青少年の健全な育成及び国民の心身の健全な発達に寄与し、体力の向上と豊かな人間性を涵養することを目的として諸般の公益事業を実施しております。

 我々はこの目的に沿った適正な事業を実施するために、ハンドボール競技関係者のみならず広く日本国民の声に耳を傾け、その期待に応える必要があると思料いたしております。

そのため、ハンドボール競技界関係者全員が日々の諸活動の中で、法令はもちろん社会規範・倫理を含むコンプライアンスに基づいた行動を実践することが最低限かつ最重要の課題としてまいりました。
 ハラスメント、暴力、差別、違法薬物使用、不正経理などの反コンプライアンス行為は、国民皆様の期待に反するばかりか、スポーツの尊厳を損なうものでありますので、我々は、従来の取り組みを見直し、今後、強い決意をもってハンドボール競技界におけるコンプライアンスをより一層徹底いたします。


公益財団法人日本ハンドボール協会
会長 渡辺佳英